器用貧乏少女あずきのブログ

〜脱サラしてフリーランスへ24歳独身女のセキララ告白〜

凝り固まった何かを、必死に解そうとして

帰省して毎度思うことがある。

わたしはこんな小さな世界の中で生きてきたのか。と。

 

良くも悪くも、井の中の蛙

f:id:kiyobinbo_girl:20190505112803j:image

そう思えるのも過去の自分があったからだし、決して悪くはないんだけども、その当時のその世界しか知らなかった私に無性に声をかけたくなる。

 

都会にでて、いろんなものを見た。

綺麗なものも汚いものも見た。

 

地方が抱えてる問題は、私が育った地元だけではなく、東京以外のほとんどが抱える問題だった。

あのとき「私たちの地域が1番なの!」って思ってたロジックは正ではなかった。

 

正直な話、

美味しいものはわりとどこでも食べられる

綺麗な景色は思ってた以上にもっといっぱいある

遠く感じていたところでも案外すぐに移動できる

 

私の人生において大切なのは「拠点を定めることではなく、いつでも動ける状態にしておくきと」だと気づいた。

 

帰省するたびに、場所に囚われて生きていた当時の私に対して、弁解する気持ちでいっぱいになる。

 

マジョリティに逆らっていく

こんばんはあずきです。

 

好きな言葉は「コスパ」なので、常に値段とパフォーマンスについて考えています。

 

さて、GW真っ只中ですが、ちょっとプチ帰省をしようと、夜行バスに乗っているところです。寝れなくて暇になったのでブログを書いています笑

 

今回は東京駅鍛冶橋駐車場から乗ったのですが、乗り場は、人がごった返しになっていて、定刻通りにバスがこないわ、出発しないわで混乱状態でした。

やっと乗れたはいいものの、隣の人の寝方がよくなく、私の方にとてもはみ出してきています。

また、通路をはさんで隣の方の充電ケーブルのLEDライトが眩しくて目がチカチカ。神経が休まず、眠れていない....わけです。

 

つくづくGWは外出しない方がいいなと思います。

値段は高い

人が多い=忙しいからサービスの質が落ちる

 

今回の夜行バスも、平日だったら¥1700で乗れるところをわざわざ¥5000はらっているわけです。この差額¥3300は自分が働いたお金から出て行くわけです。絶対に同じサービスを利用するなら安い方がいい。

 

だから、人生、マジョリティに逆らって生きた方が得だなと思うことが本当に多いです。

f:id:kiyobinbo_girl:20190504034726j:image

 

スーパーでの買い物もそう。

主婦がよく行く時間よりも、20:00すぎくらいに行った方がいいんです。

 

そういった意味でもフリーランスの道を選んだのは正解だと思っています。

よくもわるくも毎日の生活リズムが決まってなく、時間が自由にコントロールできる。

 

お役所の手続きや、ATMの手数料などもそう。

不自由なく、お得に生きれる。

 

稼げるの?って聞かれますが、稼ぐためにフリーランスを選んだというよりは、

・理不尽な拘束からの解放と

・理不尽な拘束によるストレス発散を防止する

というのが結構な理由を占めています。

 

※もちろん、正社員時代より使えるお金は増えています^^

 

ストレスがたまると、悪循環なんですよね。

ストレスでイライラする→暴飲暴食する→太る→自己嫌悪→ジムに行く→体が疲れて通えなくなる→自己嫌悪

結果散財して、得られたのは無駄な脂肪。

散財したから働かなきゃ→ストレスでイライラ

 

もう本当なんのために仕事をしているのかわからない。

 

だったらイライラの根源から解決すればいいって思うんです。

 

あらためてなんとなくしていることに疑問を持ってみる。

周りの人もそうだから....っていう考えを廃止してみる。そうすると結果的に自分に合った方法ですうまく回っていきます。

 

まずはマジョリティ(多数派)に逆らって生きてみてはどうでしょうか。

 

はぁ、フリーランスって最高。

【北海道東日本パスで旅行】5日目 札幌→旭川→美瑛→美馬牛→富良野→札幌

こんばんはあずきです。

現在、旅をしております。

 

 前回の記事はこちら

 

kiyobinbo-girl.hateblo.jp

 

 

今回の旅のコンセプト

今回は1週間をかけて東京から北海道にいって帰ってくるという旅で、

主な交通手段は「北海道東日本パス」を使用します。

 

www.jrhokkaido.co.jp

 

北海道東日本パスは7日間使用でき、

普通・快速列車を使用できます。

ただしオプション券を使用すれば、青森〜函館新北斗の新幹線や特急列車なども使用可能です。

※主なルールは青春18きっぷと同じです。詳しくはJR東日本またはJR北海道のHPをご覧ください。

 

乗り換え一覧

11:37 豊水すすきの発 東豊線(栄町行)11:41札幌着

12:00 札幌発 ライラック15号(旭川行) 13:25旭川

旭川駅周辺にてラーメン=

14:23 旭川発 富良野線(美瑛行)14:56美瑛着

旭川駅周辺にてラーメン=

16:07 美瑛発 富良野線富良野行)16:14美馬牛着

=美馬牛駅周辺散策=

17:13 美馬牛発 富良野線富良野行)17:41富良野

富良野駅構内散策=

17:57 富良野発 根室線(滝川行)18:58滝川着

=スタンプダッシュ

19:02 滝川発 カムイ(札幌行)19:55札幌着

 

豊水すすきの→札幌

f:id:kiyobinbo_girl:20190317085843j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085721j:image

 

札幌→旭川
f:id:kiyobinbo_girl:20190317090206j:image

ちなみにグリーン車はこんな感じらしいです↓
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085905j:image

コンセントがあるのが確認できますね。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085444j:image

 

実は、ライラックは普通席にもコンセントがあるので、今日は普通席で。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085915j:image

コンセントは2口あります
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085758j:image

こんかいの旅のお供、駅弁は「三大蟹味くらべ弁当」
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085033j:image

左から

・毛ガニ

ズワイガニ

・タラバガニ

です。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085948j:image

個人的にはズワイガニかな。

 

旭川で昼食
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085825j:image

旭川では、旭川ラーメンを求めて、ラーメン屋に行きました。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317090126j:image
ラーメンと餃子を注文。

ラードの量を選べるのですが、

写真下が普通、上が多めです。

ベースは同じラーメンなのに、全然色がちがう...!
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085737j:image

餃子も頼んでみました。こちらは函館で食べた餃子の2/3くらいの大きさでした!

個人的には、函館の餃子の方が好きかな〜〜
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085405j:image

お店情報貼っておきます!

tabelog.com

 

 

旭川→美瑛

ラーメンを食べたあとは旭川駅から美瑛駅に向かいます。

旭川の駅はとてもきれいで、特徴的だったのは、壁材?として使用されている木に名前の彫刻があったことです。

寄付か何かでしょうか?

地方の駅はこういうところが本当たまりませんね。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085224j:image

今回乗る電車はワンマンカー。

四角い感じ。ゴツゴツした強そうな列車です。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085435j:image

この列車にのり、雪景色を堪能しながら、どんどんどんどん進んでいきました。旭川はそこまで雪!って感じではなかったのですが.... 

 

美瑛駅周辺を散策
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085820j:image

富良野線の美瑛駅につきました!

f:id:kiyobinbo_girl:20190317085929j:image

 

駅前の観光情報を頼りに、

美瑛駅の観光スポットを調べていたら「四季の塔」というのが出て来たので、

行ってみました!
f:id:kiyobinbo_girl:20190317090047j:image

がしかし、土日は町役場の方がおやすみなので、解放していないそうです...ざんねん..

 

 

美瑛のあとは美馬牛に行く予定だったので、それまで駅周辺をお散歩しながらカフェで休憩をすることに。

 

駅から徒歩3分くらいのところにある「bi.yell café」というところにいきました。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085925j:image
 すごく濃厚なホットミルクや、焼きカレーなど、特産品を使ったメニューがたくさんありました。Wifiやコンセント等もあったので、旅の途中でよるのはとっても良いです^^

私もPCを充電したり、ちょっと作業したりといい休憩時間+仕事ができました。

トイレもとーーーーっても綺麗です!(←これすごく大事)

 

美瑛→美馬牛

さて、ここからもっともっと何もないところへ移動していきます。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085944j:image

運転席から進行方向をみて移動をたのしみます。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317085729j:image

こういうところを列車が通っているってのがすごいですよね。本当JRさんすごい。

上野から陸路のみで来たわけですけど、「線路」には本当感銘を受けます。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317085953j:image

駅です!!つきました!美馬牛!

 

 

美馬牛周辺散策(主に雪景色を楽しむ)

美馬牛駅はもちろん無人駅です。

そんな赤い屋根の小さな無人駅をでて、駅を背にしてまっすぐ歩いていきます。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317085018j:image

駅前です。

まちにはいろいろキャッチフレーズがつきますが、「杜の都仙台!」とか「ハチ公のふるさと大館!」とか。

美馬牛は「丘のまち」なんですね!

 

後ろを振り返ると、赤いやねの、「美馬牛の駅舎」が見えます。

f:id:kiyobinbo_girl:20190317085839j:image

 

 

さきほどの佐藤商店さんを右にまがりまっすぐ進んでいくと新聞屋さん。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085726j:image

 

さらにまっすぐ行くと、精米所。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085855j:image

精米所を左手にまがりまっすぐすすむと...

絶景です。

美馬牛北二丁目。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085418j:image

ここが例の丘なのでしょか。

建物が一切なく、一面雪景色。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085423j:image

 

こういう景色をみたかった。

心が洗われます。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317085920j:image

だれかが来たんでしょうね。雪だるまが^^

 

美馬牛駅に戻り、次の電車を待ちます。

この駅、本当好き。

写真左にみえる「電話」ってのが時代を感じさせてくれます。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085449j:image

昔は今みたいに携帯電話なんてなくって、それでも無人駅はあったはずです。

どんな心境でこの駅で電車を待っていたんでしょうね。

 

電車がきたときの安心感はものすごかっただろうなと想像できました。

 

本当今では便利な時代になりました.....

 

 

美馬牛→富良野

さて美馬牛から富良野へいきます。

富良野は「北の国から」のロケ地で有名です。

北海道旅行の主要観光地です!
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085807j:image

ワンマンカー、この旅で何回ものりました。

都内にいると、絶対体験できないので、好きです。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317085802j:image

富良野到着!

たくさん写真をとってきました^^
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085900j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085440j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085934j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085814j:image

 

今回のスケジュールでは富良野には長時間滞在できないので、またすこし暖かくなった頃に有名なラベンダー畑や、北の国からのロケ地めぐりなどをしたいと思っています。

 

 

富良野→札幌

滝川を経由して札幌に向かいます。

根室線ではキハ40系にのりました。

このレトロな感じ、たまりません。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085829j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085811j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085939j:image

 

 今回の旅では駅スタンプを集めているのですが、

17:57 富良野発 根室線(滝川行)18:58滝川着

=スタンプダッシュ

19:02 滝川発 カムイ(札幌行)19:55札幌着

 

という時刻表で動いていたため、

滝川駅での滞在時間が4分。

 

\\\滝川スタンプダッシュ開催///

 

 

札幌で夕食

札幌に到着後、夕食をとりました。

今回伺ったのは、炭火でお肉が食べれるお店「士別バーベキュー」さんです。

f:id:kiyobinbo_girl:20190317085743j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085911j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085732j:image

今日は富良野デーだったので、ふらのワインをいただきました。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085353j:image

まったく聞いたことのないサワー。

ナポリンサワー」

限定という言葉に弱いので注文してみました。

 

なんだろう、オレンジ、ジンジャエール、お茶?うーーん???新しい味。どちらかというと柑橘系な味です。

そもそも100年以上愛され続けるナポリンってなんやねん。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085430j:image

やっぱり、食べ物が美味しい😭😭😭😭
f:id:kiyobinbo_girl:20190317085849j:image

 

お店情報はこちらからどうぞ

tabelog.com

ギガスタ秋葉原にいってきました

こんばんはあずきです。

今日は、前から気になっていたギガスタ秋葉原に来てみました。

 

そもそもギガスタって何?と思っている方もいると思いますが、

データ転送サービスで有名な「ギガファイル便」のサービスを提供している

株式会社ギガファイルが運営しているラウンジスペースです。

 

 

仕事柄とてもギガファイル便を使うことが多い私ですが、今回は28GBのZipファイルを2つダウンロードする必要があり、せっかく近くまで来たし、行ってみようかなと思い来た所存です。

 

どこにあるの?最寄駅は?

秋葉原が最寄と思いきや、東京メトロ銀座線「末広町駅」3番出口が最寄りでした。

末広町駅から地上に出て1分かからないくらいです。

f:id:kiyobinbo_girl:20190427172748j:image

まぁ、日比谷線JR総武線、山手線、京浜東北線が通っている「秋葉原駅」からも徒歩7分なので、間違いではないです(笑)

 

住所:千代田区外神田3-16-13 AKIHABARA KADAN 3F

 

ちなみに...

JR・丸の内線御茶ノ水駅より徒歩11分
千代田線湯島駅より徒歩7分

でもつけます。

 

 

UFJ銀行や、モスバーガーなどがある通り沿いで、AKIHABARA KADANというビルの3Fです。少しわかりづらいのですが、私が行った時は1Fに青紫色の看板のタピオカジュース屋さんがありました。(行列のせいでビルの入口がわからなかった...)

 

ビル奥にエレベーターがあるのでそこから乗り、3Fへ。

f:id:kiyobinbo_girl:20190427172801j:image

扉を開けてすぐラウンジがあります。

 

利用の仕方

ラウンジの扉を開けると、オレンジのTシャツをきた、アルバイトのお姉さんがいました。

 

お姉さん:「ご利用は初めてですか?」

私:「あっ..初めてです...!」

お姉さん:「今日お名刺とかありますか?あと、なんでこの施設を使おうと思ったのかお聞きしてもいいですか?」

私:「すいません..名刺は今日持ち合わせておらず..!一応職業はフリーランスのデザイナーです。普段からギガファイル便を利用させていただいており、容量が多いデータをダウンロードしたく、前々から気になっていたこちらのギガスタを利用しようかなと思って来ました。」

お姉さん:「ありがとうございます。(と言い、お姉さんの名刺をもらいました)次回ご利用の際、こちらの名刺を出してもらいますと、スムーズに使えます。」

私:「ありがとうございます」

お姉さん:「お飲み物、ブレンドモカがありますが、どちらがいいですか?」

私:「モカで!」

 

・名刺(または職業)

・どこでギガスタを知ったのか

・利用目的

は聞かれると思いますので、初めて利用される方は、頭に入れておいた方が良いと思います。

いきなり聞かれるとびっくりしちゃいますからね。

 

 

店内はどんな感じ?

f:id:kiyobinbo_girl:20190427172933j:image店内は、思ったよりも小さかったです。

4人掛けテーブルが2つドーンとおかれて、丸イスが各テーブル4つある感じ。

大きなディスプレイがありました。

 

 

コンセントもWi-fiももちろん置かれてあって、申し分はありません。

f:id:kiyobinbo_girl:20190427173603j:image

f:id:kiyobinbo_girl:20190427173610j:image


f:id:kiyobinbo_girl:20190427172948j:image

 

私が行った時には30代くらいの男性が1人作業しておりました。

 

GW最初の土曜日の16:30〜18:30ごろで利用させてもらいましたが、その間ほかの人は来ませんでした。

 

コンセントは7個は確認できました。

 

なによりも無料なのが嬉しい

ただ、この施設、「無料」なのが嬉しいんですよね。

そして、コーヒーを無料で出してくれる。

f:id:kiyobinbo_girl:20190427172823j:image

静かだし、なんか良い感じの静かなBGM流してくれてます。

 

肝心なWi-Fiの速度は?

正直すごい早いかと言われるとそうではないです。

(そもそもすごい量のデータダウンロードしてるのでね。普通に家とかカフェのwifiとかでやってたらそもそもダウンロードエラー起こしそうな容量ですから)

 

が、冷静に考えてみると、やっぱり普通よりは圧倒的に早い。

測ってみましたが...

f:id:kiyobinbo_girl:20190427171813p:plain

こんな感じ。

だったらうちの家の方がはやいし、だってギガプランだから。って思った方とかもいらっしゃるかもしれないですけど、

 

今わりともう主流になって来ている、「光ギガ」とかっていうインターネット回線のプラン。

あれって、「ベストエフォート方式=つまりは理論上の最大値」のことでいうと1Gbps(1000Mbps)です!っていうやつなので、正直実際の値ではないです。

 

1Gbps(1000Mbps)→実際値が約30Mbpsなんでことも。

 

やっぱりそう考えると、ギガスタのWifiは早いと思います。

 

 

ギガスタ秋葉原まとめ

住所:千代田区外神田3-16-13 AKIHABARA KADAN 3F

最寄駅:東京メトロ銀座線「末広町駅」3番出口 徒歩1分

    JR・日比谷線秋葉原駅徒歩7分

    千代田線「湯島駅徒歩7分

    JR・丸ノ内線御茶ノ水駅」徒歩11分

営業時間:13:00〜19:00(最終入場が18:00)

    (以前は12:30〜17:30だったみたいですが、変更されています)

利用料金:無料

設備:無料Wi-Fi/コンセント(7個ほど)/コーヒーが飲める/

 

営業日については、下記サイト内にあるカレンダーで確認することができます。

gigast.gigafile.nu

 

 

 

 

アクセスもいいので、ぜひ気になっている方は行ってみてください^^

「遅刻」という私を苦しめる言葉について

f:id:kiyobinbo_girl:20190423012939j:plain

 

 

こんばんはあずきです。

 

つくづく、自分は「遅刻」という言葉に取り憑かれているなと思っています。

 

自分で言うのもアレですが、

あずき=遅刻

というイメージが昔からあります。

 

私自身も、そして周りから見てもきっとそう。

 

いつもこの言葉に悩まされてきました。

 

 

・優先順位がつけられなかったり、

・行動の理由が明確でなければいけないとか、

私の根本的な性格が根底にあると思っています。

 

小学生のときは担任の先生に

遅刻三人組と名付けられました。

 

私ともう二人。

その二人というのは男子。

一人はヤンキーで、もう一人は今ADHDながらもエンジニアをやっています。

 

今思うとそうやって名付けられたことが少しトラウマにもなりました。

 

「約束の時刻」に近いてくるとなんだかとても緊張してしまうんです。

あした起きれるかな?

大丈夫かな??

で、寝るのが怖くなる。

そしてねれる頃にはもう朝方。

 

もちろん寝坊。

 

いつしか「遅刻」といわれ続けたことが、「遅刻」を引き起こす原因になっていました。

 

大学のときもそう。1限に間に合わなくて単位を落としたことが何回もありました。

社会人のときもそう。一人暮らしで朝起きるのが怖すぎてねれない。

時間厳守と言われるだけで苦しくなる。

 

そういった経験からも、なにかの団体に属することで「遅刻への恐怖」がでてくるのなら、やめてしまえと思いました。

もちろん持病のてんかんもあるし、 

kiyobinbo-girl.hateblo.jp

 

 

ストレスをためない工夫は、自分でしていくしかないです。

 

時間をまもれたり、睡眠が多少足りなくてもあまり体に影響の出ない人は属した方がいいかもしれませんが、私は多分だめ。

 

だから、フリーランスになった方がいいなということも、大学生のころから薄々気づいていました。

 

おかげでいまは、「遅刻」への恐怖はまえほどなく、

1日の計画表をつくるだけでなんとか回せています。

 

kiyobinbo-girl.hateblo.jp

 

 

遅刻、マイナスなイメージしかないことだけど、

でも私は、もうその言葉に苦しめられない様に、生きていきたいと思います。

【北海道東日本パスで旅行】4日目 函館→札幌 ジンギスカン

こんばんはあずきです。

現在、旅をしております。

 

 前回の記事はこちら

 

kiyobinbo-girl.hateblo.jp

 


 

今回の旅のコンセプト

今回は1週間をかけて東京から北海道にいって帰ってくるという旅で、

主な交通手段は「北海道東日本パス」を使用します。

 

www.jrhokkaido.co.jp

 

北海道東日本パスは7日間使用でき、

普通・快速列車を使用できます。

ただしオプション券を使用すれば、青森〜函館新北斗の新幹線や特急列車なども使用可能です。

※主なルールは青春18きっぷと同じです。詳しくはJR東日本またはJR北海道のHPをご覧ください。

 

乗り換え一覧

=函館にて散策=

12:15 函館発 スーパー北斗11号(札幌行) 札幌16:04着

=札幌にて散策=

 

函館でパフェを食べた

北海道にはどうやら「締めパフェ」という言葉があるらしい。

今回の旅では、どこかで必ずパフェを食べるという目標がありました。

それを叶えてくれたのが、函館にある超おしゃれカフェ「ひし伊」。

f:id:kiyobinbo_girl:20190317083628j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083624j:image

 

函館に住んでいる知り合いに紹介してもらいました!

どうやら函館はリノベーションしている建築物がおおいとのこと。

この「ひし伊」さんもそうで、外観は古いですが、内観はとてもおしゃれ。2F建で、1Fは洋風ですが、2Fは座敷になっています。

 

メニューはサンドイッチなどの軽食から、パフェやコーヒーなどのカフェメニューがあり、気軽に入って時間を過ごすことのできる場所だなと感じました。

 

3日目は札幌までの移動も控えていたので、さくっと朝パフェ。(ぜんぜん締めパフェじゃない)

お得なパフェ+珈琲セットにしました(¥980だったような)

 

パフェは4種類。

・抹茶白玉パフェ

・ひし伊パフェ

・チョコレートパフェ

・ヨーグルトパフェ

 

↓の画像は左から

・抹茶白玉パフェ

・ひし伊パフェ

・チョコレートパフェ です。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083619j:image

私は代表メニューの「ひし伊パフェ」を食べました。

ブルーハワイのシロップと果物を使っているところが特徴なんだとか。

 

果物がすごくみずみずしくて、生クリームとの相性が抜群だし、飽きずに最後まで食べられました!
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083701j:image

 

 

函館→札幌 スーパー北斗11号

パフェを食べ、急いで函館駅に戻り乗り込んだのは、特急「スーパー北斗f:id:kiyobinbo_girl:20190317083708j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083450j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083541j:image

特急普通指定席に乗車

シートはこんな感じ
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083547j:image

 

長旅の醍醐味は、面白い駅名を見つけることでもあります。

函館〜札幌で驚いたのは「森」という駅があるということ。

いたるところが林と森なのに、わざわざ「森」という駅名がついているということに驚きました。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083713j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083648j:image

 

やっぱり海は綺麗。車窓からの眺めも素敵です。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083615j:image

息抜きや考え事をしたいときには「なにもないところ」にくると本当いいなぁ。

内省の時間にはもってこいだと思います。

 

個人的に好きな駅名、「おしゃまんべ」駅。読みのリズムが好きです。楽しくなります。f:id:kiyobinbo_girl:20190317083556j:image

車内からギリギリ撮影。

 

北海道は海も山も田畑も、いろんな色が楽しめる。

快晴に恵まれ、インスタ映え
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083534j:image

 

3時間半ほどで札幌につきました!
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083717j:image

 

 

夕食は老舗のジンギスカン

 

老舗のジンギスカン屋、「だるま」の本店に行きました。

無事入れたのでホッとしましたが、

オープンが17:00なのに、16:45にお店にいったときにはすでに10人の行列。平日だからと油断していました。やはり老舗は強いですね。

 

座席はカウンター14席。

おばちゃん3人と若い男の子?1人で回していました。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317083604j:image

お店に入って座ると、おばちゃんがジンギスカン鍋にぱぱっとたまねぎを散らしてくれます。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083655j:image

メニューはこんな感じ。

ジンギスカン

・上肉

ヒレ

の3種類あって、

注文に迷った時は「全部1皿ずつがおすすめ!」とおばちゃんが言っておりました。

 

個人的ランキングは

1位:ヒレ

2位:ジンギスカン

3位:上肉

ですね。

あと、キムチと海苔を注文しました。

海苔で巻いて食べるの美味しい(涙)
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083722j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083634j:image

はぁ、また食べたい。

 

 

もちろんビールも注文!
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083640j:image

ガラスではない、アルミ?なんだろう。すごく軽いジョッキでした!

 

 

やっぱり地元にしかないお店に行くべき。 

URLはこちら↓

best.miru-kuru.com

 

 

ということで4日目はこんな感じでした!

 

気に入っていただけたら、

読者登録、シェアなどぜひよろしくお願いします♪

 

前の記事はこちら

kiyobinbo-girl.hateblo.jp

kiyobinbo-girl.hateblo.jp

 

【北海道東日本パスで旅行】3日目 函館散策

こんばんはあずきです。

現在、旅をしております。

 

 前回の記事はこちら

 

kiyobinbo-girl.hateblo.jp

  

今回の旅のコンセプト

今回は1週間をかけて東京から北海道にいって帰ってくるという旅で、

主な交通手段は「北海道東日本パス」を使用します。

 

www.jrhokkaido.co.jp

 

北海道東日本パスは7日間使用でき、

普通・快速列車を使用できます。

ただしオプション券を使用すれば、青森〜函館新北斗の新幹線や特急列車なども使用可能です。

※主なルールは青春18きっぷと同じです。詳しくはJR東日本またはJR北海道のHPをご覧ください。

 

スケジュール

13:00 起床

14:00 函館朝市周辺散策+カニマンを食べる

15:00 路面電車函館市電)に乗って赤レンガへ

15:30〜赤レンガ周辺 散策

=遅めのお昼ご飯+いろいろ食べ歩き=

17:00〜函館山

20:00 ホテルへ

22:00 ラッキーピエロ(通称ラッピへ)

 

函館朝市カニマン

有名な函館朝市。100以上ものお店が密集している朝市。

函館は駅のすぐ後ろはもう海。

船がたくさんあります。

なので、とれたてのお魚や貝やカニが食べれるのです^^

 

とはいえ、この2日間海鮮系を食べすぎたので、カニマンにしました笑

f:id:kiyobinbo_girl:20190317083047j:image

1つ¥450円とお値段お高め....

ですが、カニがたくさん入ってて、あったかくて美味しかったです。

 

函館、やっぱり寒い...!

(といっても、ヒートテック上下に普通の服をきて、コートとマフラーと手袋で大丈夫です)

 

函館市電路面電車

函館駅前には路面電車が通っています。

かなり年期の入った駅。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317082932j:image

コンパクトで可愛らしい路面電車です。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083144j:image

十字街駅にておりて、赤レンガ倉庫へ向かいます。

 

赤レンガ倉庫

赤レンガというと横浜をイメージしますが、おおよそ横浜の赤レンガ倉庫の感じと同じです。

倉庫といいつつ商標施設です。ただ、ものすごい数のお店があります。たぶん100以上あると思います。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317083121j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317082936j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083200j:image

もうすぐそこが海!!ガードもなにもないから、普通によそ見してたら落ちます!(危険)

海風がつよいので、手荷物など飛ばされないように!

 

函館グルメ満喫

函館で美味しかったのは、餃子。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083153j:image

すごい大きくて、たぶんふつうの2倍くらいのサイズです。

餃子の皮がモッチモチ。焼けてるところはカリッとしているのですが、皮がとんでもなくもちもち。私の中では餃子ランキング1位です!

 

 

観光ガイドに乗ってたバラ盛りジェラート

北海道はハスカップが有名なので、ハスカップクリームチーズにしました!

やっぱり基本的に全部美味しい笑


f:id:kiyobinbo_girl:20190317082946j:image

 

函館にしかない、「ラッキーピエロ

ファストーフード店としてハンバーガー、カレー、オムライスをだしているお店です。なんともアメリカンなデザイン。

こちらは店前にあった自動販売機です。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317083058j:image

ラッキーピエロは函館内に17店舗展開。

地元の人たちは通称「ラッピ」とよんでいるそうです。

 

函館山ロープウェイ

王道の観光スポット「函館山

函館山からの夜景が綺麗とのことで日没を狙って登りに行きました。

平日にも関わらず観光客でいっぱい。

ツアーガイドさんがたくさんいたので、やはり函館に来る人はかならず訪れる場所なのでしょう。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317083023j:image

ここでも障害者割引で半額..!

通常、往復大人料金で¥1280になります。


f:id:kiyobinbo_girl:20190317083000j:image

てっぺんにあるのが函館山の展望台。

いまからロープウェイに乗り、あそこを目指します。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083139j:image

 

ここがロープウェイのりば。寒い....!
f:id:kiyobinbo_girl:20190317082918j:image

 

きました!!!で!か!い!

バス2つ分くらい笑

f:id:kiyobinbo_girl:20190317083125j:image

 

いよいよ登ります。

貪欲に、一番写真が撮れるスポットを確保しました。

どんどんあがっていきます!


f:id:kiyobinbo_girl:20190317083149j:image

乗車時間は5分程度だった気がします。

 

山頂の展望台へ。だんだん暗くなってきました。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317082950j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083116j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317082924j:image
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083134j:image

函館山は、一度はいってみたほうがいい観光スポットだと思います。

中にはお土産売り場やレストランなどありますので、ゆったり過ごせます。

時間にはゆとりをもって計画を立てることをおすすめします。

 

ラッキーピエロ(通称:ラッピ)

函館にしかないファストーフード店、ラッキーピエロ

夜遅かったので、テイクアウトにしてみました(テイクアウトもできる嬉しい)


f:id:kiyobinbo_girl:20190317082955j:image

注文したのは、

一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」と「ラッキーチーズバーガー」

そして、ポテトとチキンです。
f:id:kiyobinbo_girl:20190317082942j:image

↓チャイニーズチキンバーガー(¥350)
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083112j:image

↓チーズバーガー(¥390)
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083006j:image

↓チキン
f:id:kiyobinbo_girl:20190317083011j:image

luckypierrot.jp

 

ちなみに、わたしはチーズバーガーが一番お気に入りです。

手に持ったらわかると思うんですが、重量がものすごいです。たぶんマクドナルドのハンバーガー3個分くらいな気がする。

 

ぜひ函館に行った際は食べてみてください^^